2018年11月16日金曜日

アキアジ釣り2018 その7

【2018.9.23 アキアジ釣り14日目】
19アタリ16ヒット14キャッチ

 朝3時半起床。車から出るとじっちゃんがすでにやってきてて、ニヤニヤしながら「昨日はあの後何本釣った?」と聞いてきた。僕もニヤニヤしながら「あれから3本追加して、結局昨日はじっちゃんより1本多い7本だよ」と返すと、「この野郎!今日は手加減なしだからな!」と嬉しそうだ(笑)。まずは餌の準備。これまでサンマを使っていたけど、じっちゃんの教えに従って、カツオとイカを刻む。


 昨日と同じくホタテ船が出ていくと同時に投げ始める。結果から先に言うと、この日は僕とじっちゃんとでよく釣った。スプーンのカラーローテーション、棚の微調整を繰り返し、超集中してじっちゃんと白熱したバトルを繰り広げた(笑)。

・・・ということで、書く内容はあまりなし。朝イチは金黒、アキアジクルセイダーの現行ラインナップにゴールド系がないから、マッキーの黄色でシルバーの上から塗ってやった。4時51分に1本目。


4時59分に2本目。


5時7分に3本目。





5時16分に4本目。

5時37分に5本目。


5時54分に6本目。約一時間で6本キャッチ!じっちゃんも同じペースで飛ばしている(集中しすぎてて、じっちゃんが何本上げていたか見ている余裕はなかった)。この日は僕らのポジション近辺がそこそこ釣れていて、中でもじっちゃんと僕が圧倒的(自分で言うのも何だが)。でも、釣ってる本人、なんで釣れるのかわかんないんだよなぁー笑。


 6時を過ぎて、日が昇りきってしばらく経ったところで、ぐるぐるサーモンの青銀に変更。「(潮的に)しばらくダメだぞ」とじっちゃんが言うけど、本当にその通りだった。一気に反応が減って、6時22分に7本目。


7時54分に8本目。


9時47分に9本目。


「これからが勝負だぞ!」とじっちゃんが宣言し、これまたその通り、正午前後にプチ爆。10時19分に10本目。


10時32分に11本目。


10時39分に12本目。


11時1分に13本目。


11時46分に14本目。


 正午を過ぎるとまた反応が遠のいた。「サケ卍」とか言って写真を撮っていると、この日道北エリアで釣りをしていた青森からきているケイタさんから電話が。僕「今14本っす!」ケイタさん「マジかよ!今夜、そっちまで行くよ!」と、明日の朝からケイタさん参戦が決定(笑)。


この時点でじっちゃんは17本釣っていて、「まー夕方まで頑張れや(ニヤニヤ)。また明日な」と、余裕の早上がり。僕は夕方まで集中して釣り続けて、なんとかじっちゃんをマクってやろうと頑張ったけど・・・13時52分に15本目。


 夕方、光量が落ちてきたところでぐるぐるサーモンからアキアジクルセイダーにチェンジ。「もっと弱めの、白金とかがほしい・・・」と思いつつ、昨日買ったピンクを投げる。じっちゃんに教わった「回遊の先読み」をして、ドンピシャにハマった気持ちいい一本。16時39分に16本目がきて、これがこの日最後のサケになりました。




【2018.9.24 アキアジ釣り15日目】
5アタリ3ヒット3キャッチ

 昨日の夜中、ケイタさんが港に到着。仮眠をとって、今日もホタテ船の出船と同時に投げ始める。まだ薄暗く、岸壁沿いにはガヤががやがやしている。浮きルアーにもアタってきて、餌をとられる。開始早々「あ、アタってる」と言うケイタさんに、「ガヤっすよ」と返すと、いきなり大きくアワセを入れた。マジかよ(笑)。この日、周辺では一番乗り。


この日僕は朝だけ勝負。鬼のように集中して、アキアジクルセイダーの金黒で、5時13分に1本目をあげて、


日が完全に出た頃にぐるぐるサーモンの青銀に変えて、棚も調節し、6時6分、6時28分で計3本キャッチ。



 7時に上がったけど、じっちゃんはその間に2本上げた。夕方、電話すると「今日は仏滅だ。昼までやってあの2本だけだった。明日はネジリハチマキだからな!」とのこと(笑)ケイタさんは夕方までやり切って、6本キャッチ、さすが、色んな釣りやってる人は釣るなぁ。

【2018.9.25 アキアジ釣り16日目】
6アタリ3ヒット3キャッチ

 この日は第四最終日。10時に閉め出されるので、それまで勝負。この日も周りでの一番乗りはケイタさん、「アキアジ、面白いな!毎年くるよ!」と、予想通りハマった模様(笑)

僕はというと、朝一は安定の黒金クルセイダーで、5時17分に一本目をキャッチして、


6時過ぎにぐるぐるサーモンの青銀にチェンジ、6時15分に2本目、


少しあいて、8時25分に3本目をあげて終了!これまで、ディアモン7Sのグリップを抜いて、バランサーが入っているグリップエンドで頭を叩いて〆てたけど(笑)、見かねたじっちゃんが「ぐみの木」で作ったというサケバットをくれた!


 仲良くじっちゃんも3本目をあげたところでキッカリ10時。この第四で過ごした4日間で、じっちゃんの釣りから色んなことを吸収して、一気にレベルアップできた気がした。
 

2018年11月12日月曜日

アキアジ釣り2018 その6

【2018.9.21 アキアジ釣り12日目】
マス2のみ・・・。

 第四埠頭がクローズし、体も限界が来ていたので2日休んで、今朝からまた知床通いがスタート。朝イチ、いつものよく釣るお兄さん(Sさん。LINE交換して、すっかり仲良くなった笑)と河口にならんで竿を振るが、ダメ。マスが2本のみ・・・。周りも、本当にポツポツ程度。毎年終わりが早いというこのポイント、もう下火なんだろうか・・・?


が、河口から遠くに離なれて入ってた先輩2人は、5本釣っていた。「すげー魚いたよ」とのことで、立ち位置、入る場所での差が出ることはやっぱりあるなぁ。明日からまた頑張ろう。・・・網走に帰ってお昼ごろ、「第四再オープン疑惑」が・・・とりあえず見に行ってみると、長蛇の列・・・!偶然知り合いのじいさんがならんでて、タッグを組んで場所取り成功!


 その夜、確保した場所をキープするために、港で車中泊。同じく車中泊してる隣のじっちゃんが、異常性を放っているイカれたアキアジ釣り師だった。タコベイトを見せてもらって、瞬時に「この人、違う!」と察知して、色々質問疑問をぶつけてみる。


タコべー(アキアジ師は、タコベイトのことをタコべーと呼ぶ笑)の拘り、スプーンのカラーローテーション、時期による色んな餌の良し悪し、回遊の法則性・・・などなど、面白い話が次々出てくる。弟子入りさせてもらうことにして、明日からの釣りが楽しみだ!


【2018.9.22 アキアジ釣り13日目】
7アタリ7ヒット7キャッチ

 朝3時半に起床。すでにじっちゃんも起きてて、「ホタテ船がまとまって出てったら釣れ始めるぞ」とのこと。じっちゃんの言う通り、船が出てから周りでポツポツ上がり始め、5時20分に1本目!


少し間があいて、6時33分に2本目。自分たちが場所を確保した堤防中央ではポツポツ程度だけど、堤防の左先端では次々上がっている。


それでもじっちゃんは良いペースで確実に釣っていき、8時半の時点で4キャッチ。


正午前後にプチラッシュがあって、11時38分、12時15分で、2本キャッチ。じっちゃんもだいたい同じタイミングに2本上げて、昼過ぎには「また明日くる。日が暮れるまで頑張れよ!」と帰っていった。



・・・僕はどの魚でも、「光量がある時(晴天時、昼間)」はシルバー、光量がない時(雨天時、朝夕)はゴールド」でフラッシングを使い分けているんだけど、じっちゃんも似たような事を言っていた。「色は絶対関係あるぞ」と。オホーツク海でブルーが人気な理由も、なんとなくわかる気がする。というわけで、コンビニへ行ったついでに、クルセイダーの黒と、ピンクを買ってきた!


 昼過ぎ、外海が荒れて濁りが入り始めた。夕方も近くなってきたところで、さっき買ってきたピンクのクルセイダーを使い始める。雨も降り出し、風も強くなっていく中、根気よく投げ続け、15時46分にやっときた。


夕方のプチラッシュで、16時2分、16時10分で2本追加。これで7本!じっちゃんに勝ったぞ。笑



じっちゃんに言われた通り、日が落ちるまで頑張ったけど、それ以降はアタリなし。今日も場所取りのため、車中泊。



2018年11月2日金曜日

アキアジ釣り2018 その5

【2018.9.16 アキアジ釣り9日目】
11アタリ10ヒット8キャッチ

 翌朝、3時半に目が覚めたけど二度寝してしまった・・・車の窓をバンバン叩かれて飛び起きたのが5時前。Mさんは既に1バラシ、周りも釣れているとのこと。寝ぼけながらキャストを開始。5時過ぎに山崎さん達もやってきて、5時14分、またすぐに山崎さんが釣った!


朝のラッシュがあるみたいで、僕も山崎さんに続いて、5時41分、5時52分、2本キャッチ(一本は写真なし)。


6時18分、A子さんもゲット!岸壁沿いを泳いできたサケに、餌を付けて浮きルアー仕掛けを投入。一緒にやってたフカセのおじさんの餌を執着してついばみ続けている(おじさんはアワセ損ねている)ヤツを横取りした一匹(笑)。山崎さんとA子さんは、これにて夏休みおわり!竿をたたんで女満別空港へ。また来年もやりましょう。


その後もポツポツと反応があり、7時23分、7時55分、遠投して数巻きでヒットしたけど1バラシを挟んで、8時49分、良いペースで3本追加。




しばらくあいて、10時14分に一本追加。岸壁沿いを泳ぐサケが、フカセの餌に何度も何度も食いつく様子を実際に見て結構衝撃を受けたけど、今日は完全に餌を食いにきてる感じ。


というのも、「コツコツ、グーーーッ」と来て、カンヌキにガッツリ刺さってることが多かったから。サケが餌を咥えて反転して、竿に重みが乗ったところでの大アワセ、気持ちいい。


10時41分、11時15分で2本追加(一本は写真なし)して、今日はこれにて納竿!


魚は全て、知り合いの農家のおじさんにもってかれた(笑)。イクラ作りたいけど、釣りに全力を注いでいるから時間もないし、一日を終えて家に帰ったところで、体力が残っていない・・・。



【2018.9.17 アキアジ釣り10日目】
6アタリ5ヒット4キャッチ

 またまた車中泊して、港で朝を迎えた。知床での釣りも前日の夜入りで車中泊してて、今月に入ってから殆ど家で寝ていない・・・さて、今日は前日フカセの餌に食いつくサケを目視して、試してみたくなって二刀流で。浮きルアーはいつも通りMX-7Sでやりながら、MX-7にテキトーに仕掛けを組んで、餌を付けて岸壁沿いに垂らしておく。


岸壁沿いにたまにサケが泳いでくるけど、垂らしてある仕掛けには食いつかない。カラフトマスが一回触ったっきり。浮きルアーにはしばらく反応がなく、ようやく5時38分に一本目。


ぐるぐるサーモンを超ゆーっくり巻き続けて、たまにウキ下をいじってみたり。一本目からまたしばらくあいて、7時10分に二本目。


8時台にプチラッシュが来て、8時18分、手前まで寄せての農家のオヤジタモミスで1バラシ、バラシた直後の8時53分で2本ゲット。



今日も、農家のオヤジが後ろでクーラーボックスを開けて待ってやがった(笑)。これで納竿。



【2018.9.18 アキアジ釣り11日目】
アタリなし、ボウズ!

 港で夜を明かして、朝だけ勝負。6時までやったけど、アタリはなくてボウズでした。今日の13時で第四埠頭はまた閉鎖される。最終日だけど、周りも殆ど上がってなかった。